他の処理方法とは違う!レーザー脱毛の主な特徴

医療機関のレーザー脱毛の概要

現在美容整形外科や皮膚科、形成外科などの医療クリニックで広く取扱われるレーザー脱毛は、レーザーが開発された直後の1990年代後半頃から日本国内でも導入さているんですよ。そして、歴史はそれ程長くありませんが、レーザー以前で施術の主流であったニードル脱毛の難点を解消し、効率的且つ効果的に施術が行えることから現在の主流となっています。具体的には、レーザーでは一度に多くのムダ毛を効率的に処理でき、尚且つ肌の負担を軽減してムダ毛の根本からの解消が効果的に行えるようになっているんですよ。

自己処理とレーザー脱毛の違い

脱毛で最も多い自己処理とレーザー脱毛の違いは、大きな点として肌の表面生えて来たムダ毛を一時的にその部分のみ処理するのではなく、根本からある程度効果の持続性をもって解消できることにあるんですよ。これはレーザー脱毛のメカニズムにより、毛を生やすもとである毛根細胞やその周辺細胞を破壊し、ムダ毛の再生を抑制することでムダ毛を無くす方法だからなんです。また、ムダ毛の根本から解消できる為、自己処理よりも仕上がりがキレイである点も大きな特徴です。

レーザー脱毛とエステサロンでの脱毛との違い

レーザー脱毛とエステサロンでの脱毛との違いは、決定的にはその効果の点にあります。クリニックでもサロンの脱毛でも現在光を用いた施術が主流で、そのメカニズムも基本的に同じですが、用いる光の威力が異なることにより効果面で大きな違いがあるんですよ。具体的に、毛根の細胞にダメージを与えてムダ毛の再生を抑制する点ではどちらも同じですが、レーザー脱毛は、高度管理医療機器にも指定された強力な医療用レーザーを使用する為確実に細胞を破壊できることから、1回ずつの照射で確実に減毛して行くことができ、効果の持続性もある程度保てると云う特徴があります。

レーザー脱毛は、通う人それぞれの体調や肌質に合わせて機械を設定してもらうことができるので、肌トラブルも少なくて安心です。